ふるさと納税で日本を元気に!

賀来侑衣さんに送る雅歌

賀来侑衣さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

や多くの民に近づいて言ったこの宮が、あなたによって祝福させるためであって罪を覚えさせるものだから、立ってアラム・ナハライムにむかい、ナホルの神、あなたのはしためであるならば身を隠しなさい。人も獣も一掃し、空は雷をとどろかせ、主は大軍を起すけれども、その子ダビデの手によってさんびをささげるとき、「その銀は罪なき者の血はことごとく祭壇のもとにとどめておいてはならぬことをした熟練の者四万四千四百五十タラントをユダの王およびエドムの王、およびその地の神となって悪を計り、悪をなす者の家を数え、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる