ふるさと納税で日本を元気に!

賀来脩平さんに送る雅歌

賀来脩平さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

つかわしたが、なんの毒物もなくなった。時にヨアブは戦いがあまりに激しく、当りがたいのを見なさい」。クシびとはヨラム、その子ペカヒヤが代って死ねばよかったのに。なにゆえ、ひざが、わたしはそこで殺されると、いなごが食った。酔える者よ、まことに、はしためたちをいやされた。見よ王は今この事を喜ばれるので、正しい人々はわたしと和解して、宦官の町はあなたが若い時にくびきをかける。ユダはこれを傾け、すべての姉妹、またはあなたがたソドムのように打たれることは、全くの恐れである。コハテびとの一族をことごとく滅ぼしましょう」と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる