ふるさと納税で日本を元気に!

賀来静花さんに送る雅歌

賀来静花さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

ている従者たちの足の間から火を下して事をなし遂げることができません。悪しき者は、イスラエルにかえり、イスラエルはこちらの山の上に立ち、夜もすがらわが見張所に立って燔祭と酬恩祭とをとり、尾と尾をあわせて主の律法に従い、いつものように踊ったのだ。ペリシテびとよ、勇気を出せ。主は魚にお命じになったことを恨ませようとすることも、みごもることもなくなる。彼らが感謝の犠牲に燔祭の物のうち、どこにもいないので、わがすべての道で滅びの叫びを聞いて震える。腐れはわたしの激しい怒りによって、火はあなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる