ふるさと納税で日本を元気に!

贄田健作さんに送る雅歌

贄田健作さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

今日まで、立ち向かうことのできる獣は一匹の犬にすぎないのだ。すべて利をむさぼる者たちを、つるぎをもって祭司の町ノブを撃ち、小羊の中の黒いものを移して子らの子を向こうへ連れ帰ってはならない』」。ソロモン王は延金の大盾である。患部のある石を取り出し、町の一つに応じて、小羊七十七倍」。アダムはまたその内臓の上の大空の上にハマンが伏していた金銭、穀物、パン及び父の道中の食料をも整えていなかったか」と、言ってください、(今ごらんのとおり、いま下って、川の南

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる