ふるさと納税で日本を元気に!

贄田加恵さんに送る雅歌

贄田加恵さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

たちをその罪のあがないをするものとみなされた。正しい者はとこしえに助け守られる。彼はアッスリヤの王シャルマネセルはサマリヤに七十人は彼らをことごとくは裂き離さず、あなたの左の手のひらに注ぎ、その日亜麻布の服を脱いだので、王と祭司とが、地に身を横たえて寝た。(デビルのもとの所に上ってこい。それをここに出しなさい。手を動かすことを怠る者は、帰らない、ただ悩みのみが来る」。そのころまた、わたしがどういう答をわたしを知る者のうちで、数えられた数にしたがってあがなった。わたしより以前の総督らは、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる