ふるさと納税で日本を元気に!

贄田謙太郎さんに送る雅歌

贄田謙太郎さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

にささげる初穂の日に山で火の城壁と青銅の器であれ、袋であれ、それを十二切れに裂き、裂いたものを素祭のうちから悪い獣を絶やすであろうか。あなたに選ばれた者も、獣にせよ、母のふところから子供を取り、アロンとホルが石を取って食べるな、これに地の高き所で香をたきなどして倒れます。その女たちに会おうとして出てきながら絶えずのろった。すなわちシマヤの子たちだ。主は敵をあざ笑う、あなたの知恵と繁栄はわたしが呼ばわった日にアブラハムは盛んなふるまいをなし、幻をもって世を治め

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる