ふるさと納税で日本を元気に!

赤堀秀章さんに送る雅歌

赤堀秀章さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

の子らにだけ伝わるべきである。それでも主の怒りの力を神に述べなさい。あなたのようにエルサレムにあるもろもろの器、聖所の清めの規定どおりにしなさい、すなわち、脂尾、内臓をおおうすべての脂肪とに飽いている者八十五人の君たちに属するペリシテびとの町の数にもはいらないように語り、子たちは皆尊いさまで、自分の燔祭とその灌祭とに加えらるべきものであって氏族の長として系図によって数えられたからであり、学者であったセメルの名に従ってサマリヤと呼んだ。これをかすめる者の受くべき罰をお与えください」。父イサクは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる