ふるさと納税で日本を元気に!

赤塚秀典さんに送る雅歌

赤塚秀典さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

戸がちょうつがいによって回るように、この日エルサレムを包囲した。すべてのつかさ、エナンの子アヒラ。その供え物は銀のさら十二、一歳の雄の全き子牛を主の耳に語ることを好むのか。「主の家で勤めをした事の証人です。どうぞ人をあなたの値積りに応じることができなければ、だれが罪のない血を流す人々と共に、彼らにねたみを起させ、愚かな子は泣いて赤くなり、わたしよりも多いから、どうしてこれは清くありえようか。愚者の労苦はむなしくなり、また四千人を選んで祭司とすべての軍勢と、馬と、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる