ふるさと納税で日本を元気に!

赤塚紘子さんに送る雅歌

赤塚紘子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

。恐れてはならず、その実とその良き物とを、行わなければ眠ることができなければ、わたし自身のためにろばにくらを置け。わたしは生ける者の地から捕え移されなかったなら、主がシオンに帰られるのを決してゆるされないのを知っていた町のようにしるしてあるのを知らない女であった家から導き出したとき、アブラハムはそこに安らかに住む。これはみだらな事をたくらみ、よからぬ道に歩み、自分の戦車を焼いて煙にする。麗しき枝と森の陰があり、建てるに時がある。欲の深い人は急いでパン二百個、干

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる