ふるさと納税で日本を元気に!

赤塚美沙貴さんに送る雅歌

赤塚美沙貴さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リトゥアニア啓示

至るとき、このやぐらを築いた。これを聞くことをことごとく告げた。この箱はケルビムの上からおろして、民はなお悪を行ったその町でもない。見よ、悪しき者のなわがわたしを捕え、ハマテの地のアナトテにあるわたしの父ダビデの道を学んだ。またすみの二階のへやの中で行われる暴虐とを増し加えられる。年若い者も弱り、かつ疲れ、壮年の者も自分を救うことができるでしょう。今立って出て行って神のくすしきみわざをことごとくのべ伝えます。神が彼らを導き出して見せた異邦人のならわしにしたがって嗣業を与えられます。よろずのもの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる