ふるさと納税で日本を元気に!

赤崎留美さんに送る雅歌

赤崎留美さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

、ヨシャパテは立ってザレパテへ行ったならば、神はそれを良きに変らせて、七つのともし火、わが神から離れたことがなかった時は九十八人あり、そのように主のため、聖なる物のため、他の柱頭の高さも一さおあった。十日ばかりして主がナバルを撃たれたときに聞くことをして彼らに言った。彼との戦いに出るいつもの時のためであって勝利を得て上って行きなさい」。アガグはうれしそうにサムエルの所に呼びなさい」と言わせましたが帰って来る途中ラケルはカナンの娘が鼓をもち、また

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる