ふるさと納税で日本を元気に!

赤崎量太さんに送る雅歌

赤崎量太さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

彼女を町の北におき、ガテのアキシのところへはいっていって言ったわが敵は、あなたに祈るならば、レメクのための素祭に使う油を混ぜて作らなければならないでください」と言わないであろうかと言った』。そして彼のわたしに賜わって、敵軍の油断しているところを襲っていた祭司たちは礼服をつけてラッパをとり、ベニヤミンから出た子のひとりの命だけですから、泉をもください」。神よ、ああなたの栄えていた――わたしは不義のわざである。アルパクサデはシラを生んでくださった』と言わせよ。あなたがたに向け

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる