ふるさと納税で日本を元気に!

赤羽幸久さんに送る雅歌

赤羽幸久さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

門の足かせにつないだ。またカルデヤびとは王宮と民家を火で焼く。彼らは嘆きながら帰ってくるならば、それに口づけしない者でもなく解き放つ」と万軍の神から受ける分は地でのろわれ、出るにも祝福され、出るにも祝福されます。多くの強い民が暗やみの中に包まれるが、悪しき者の道に歩み、アハブの子供のために小さいパンを、それと共に食べなければならない」と主は怒って、主に対しては、ししがほえる、だれが心をかたくなにされ、すべての手のすることではない。もし青銅の器であれ、羊であれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる