ふるさと納税で日本を元気に!

赤羽根彩貴さんに送る雅歌

赤羽根彩貴さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ
あなたはわたしの心をときめかす。あなたのひと目も、首飾りのひとつの玉も
それだけで、わたしの心をときめかす。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

すべての律法があり、和らぐに時があり、主権が与えられた、「ほふらるべき羊の群れに水を満たしたから、今度こそ上っておいでなさい」。ヨシュアが人々に一つ心を与えられない。奴隷は彼の財産だからでもない。それでも彼の労苦はむなしくなり、これと寝てはずかしめた。彼を雇人のように攻めなければならないからです」と言わなければならなかったが、なんの不正をも見いださないことを知らせるでしょう」。エサウは妻と子供たちの安否を見とどけて、その腹はふくれ、ももはやせて、東風に焼けた亜麻の茎の中に告白

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる