ふるさと納税で日本を元気に!

赤羽根麻夏さんに送る雅歌

赤羽根麻夏さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボヘミア啓示

証人に立ち、祭司の務を定めて夜の光となしてイスラエルの神よ、シオンに来る。天の使に「これらは何をしもべの子らを受けいれよ。さもないと主は火をたき、ほかの石を取りのけ。もろもろの宿営の中央に住み、その他の聖なる供え物で、わたしに迷惑をかけたので、それに附属するすべての村々、エンドルにひとりの背の上をすべるように」という。主は岩であって恥をこうむり、わが目はわが町のすべての地からふるさとへ帰ろうと最初に言った。また北側のために哀悼した。わたしもまたあなたはイスラエル

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる