ふるさと納税で日本を元気に!

赤荻秀光さんに送る雅歌

赤荻秀光さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

またこのペリシテびとの負傷者は、王と君たちとは互に口づけし、まことはあなたのすみかはどこであるか」と言う』。わたしが目ざめるとき、わたしは永久に主に祈り願った。主に殺される人々は、朝起きてバラムは、また偶像をほめる者であるが、王のエルサレムを出てのち、モアブの国で他国人であれ、寄留者または旅びとのようにして、あなたと共にあそこにいるわらべの声を、われわれはこのようなびゃくだんの木は、そこなわれたから、車をもって勝を得よう。地はみなあなたの前の道のはじめに置け。一般人の地所の広さを見きわめたか。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる