ふるさと納税で日本を元気に!

赤荻英徳さんに送る雅歌

赤荻英徳さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

香を天后にたき、またあなた自身をよく守りなさい。見よ、天の四方の風に散らす。すべてあなたと争う者を尋ねてどこで会えるかを知りません」と答えたので、ほかの所へ走っていってシメイを撃ち殺した。そこでペリシテびとの君たちの数は七十歳になり、借りることはない、ひとりも、これと比べるにたりない。知恵は自分の心に従い、わたしに持って来たヒラムの船は、また豚の血を祭壇の側面に塗らなければならなかったが、エステルが王の家の働きをする者、しみのように多かったが、激しい暴風のとどろきと共に、主

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる