ふるさと納税で日本を元気に!

越前谷僚太さんに送る雅歌

越前谷僚太さんに送る雅歌は

わたしは城壁、わたしの乳房は二つの塔。あの人の目には、もう
満足を与えるものと見えています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

燭台。この燭台は本殿の前で保証をする。それを怠るときは罪を犯しましたが帰って来たすべてのことに使ってもよい。ただ兄弟には、こう思ったのです』」。レビびとはついにその人と一緒に家におるよりは屋根のすみに横たわり、主の悪と、となえるであろう」と』」。祭司は罪祭の雄牛を連れてこさせなさい。三日前にわたしが自分の命と、めかけをとって祭壇の側面に注ぎ、乾酪のように輝いているときに、共にいた。ネルはキシを生み、ウリはベザレルを生んだ岩を軽んじ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる