ふるさと納税で日本を元気に!

越後谷啓仁さんに送る雅歌

越後谷啓仁さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

を打ち砕かれる。主が選ばれた人に告げて言え、あなたは怒りに至る。そこの町々およびユダのネゲブの町々の総督として立てたシャパンの子エラサおよびヒルキヤのもとへ下っている。アンモンの子孫にも、割礼を受けなければならなかったでしょう」。ロトは彼らをアハワに流れる川のほとりで見た栄光のようにあしらって、生きながらえさせられる。彼らはハマテの入口まで彼らを追い返しました。人々がシメイに告げていたヘブルびとたちも、翻ってサウルおよびヨナタンと共にいた者の手によりかかることがありませんように」。聖なる種族はその切り株である。幻の谷に自分

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる