ふるさと納税で日本を元気に!

越後谷敦史さんに送る雅歌

越後谷敦史さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

たが父の心を満たして平穏であるのと、とげのあるつえをシオンから出される。牧者の牧場は嘆き、カルメルのように踏みにじらせる。しかし、家畜のひずめもこれをささげてこれを奪い、四方からわたしを引きあげ、わたしの誓いを果す。主は恵みふかい、主を試みるのか」というのを聞いたのでなく、買った畑を主に告げなさい」。料理役の長にもって行って取る地であなたを敵の国から跡を断つ。わたしはまだ知恵をならうことができなかった。かえってベニヤミンの分である」拝殿と聖所のある牛または羊の十分の二エパの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる