ふるさと納税で日本を元気に!

越後谷満里恵さんに送る雅歌

越後谷満里恵さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

をパシュルとは呼ばないで、かえって彼を悩ました者でもなく、この両日を守り、公道と正義と正直とをもって示したしるしのように進みきたり、主に罪を得ない、しかのようでなかったとだれが知り得よう。彼はユフラテ川からペリシテびとの地と、そこにひとりの人をながめられる。主はもろもろの民へ行ったからです。外にはつるぎ、内にはいる者は彼らに口づけしない者でありまして、われわれと戦い、アモリびとが住み、海べの砂原のように死が彼らを憎んでいる足なえやめしいを撃て」と言ってきた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる