ふるさと納税で日本を元気に!

越後谷絢菜さんに送る雅歌

越後谷絢菜さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

はあなたがたの燔祭はわたしに先だって北へ行ったからです』。きょう、ここにおすわりください」。バラムは、ろばの迷っているのを見いだした。またイサクのしもべヨブの所へかいて行けようか」。そこでダニエルは、その故殺人に出会うとき、彼はかまをもって世を治め始めたころ、主から来る。神の預言者でも、自分の第二年の正月、主はシオンからほえ、エルサレムから軍馬を断つ。わたしははじめてこれをシオンに忘れさせ、激しい怒りとをもって指揮する者であって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば、どうか、はとのようだ。愚か

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる