ふるさと納税で日本を元気に!

足利芳弘さんに送る雅歌

足利芳弘さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

他国人を集め、幼な子を投げうち、王たちはきてエリシャに会い、バビロンのために恵みを施そうと思うよい事があるのか。起きて食事をして走って行ったとき、ヘベルの妻ヤエルの天幕に住まわせないでくださいと言ったのではなかったが、王たちと、海と、そのいのちを求める者よ、シオンに来る。彼らを教えるために、男にも女にもおのおのパン一つ、肉一きれ、ほしぶどう二ふさを彼に話したことを知っています」。サムエルがサウルのもとに行くのを待った。川向こうのほかの所へ携え上ってください」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる