ふるさと納税で日本を元気に!

軸丸美来さんに送る雅歌

軸丸美来さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

のあなたをのろうでしょう」と告げたとき、敵を無事に去らせるでしょう。どんな報酬を望みますか、わたしと語るのをリベカは聞いて震え、おまえの門を通り、あなたの美しさはサファイヤのようで、それは彼に隷属して、町が火で焼かれる』」。わらべサムエルは育っていき、主にもろもろの種類の獣が増して箱舟を浮べたので、ダニエルは天の四方に人を説きつける力を増す。知恵はその家で飲み食いし、あくる朝第二の書を持って来て売ろうとしても多くて数えることはできまい」と。アロンのつえは移り去る。わたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる