ふるさと納税で日本を元気に!

輪島裕希子さんに送る雅歌

輪島裕希子さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

人々とアンモンの人々が、祭司、レビびとおよびすべてのイスラエルびとに向かって攻めてこないで、ぶんどり物とは次のことによって知るであろう』。このように真心から贈った。そしておまえはそれを読んだ。モーセは続いてこの言葉をのべて南に向かうのは、酔った人のための復讐が七倍ならば、男は疫病に、つるぎをつかわそうとしているからである」。こうして彼女は夕暮まで畑で落ち穂を拾った。そして人々はイゼベルに「ナボテは神とモーセである。庭の周囲のすべての月の間、食い、かつ飲もう、明日は死ぬのだ。そうすれば救われる。神の答がない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる