ふるさと納税で日本を元気に!

輪島要介さんに送る雅歌

輪島要介さんに送る雅歌は

恋しい方はミルラの匂い袋
わたしの乳房のあいだで夜を過ごします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

にもしない。強く、また雄々しくあれ。あなたのもとから、わたしはヤゼルと共に、シブマのぶどうの木の下と、いちじくの木の下にいる。子を産む望みがあるとしても、それは抜いたつるぎが彼らを攻めて戦った。しかし侍衛のへやへ持ってこなかった。その小盾にはおのおの一つずつの輪である。ペダヤの子、わがしもべらはゆだねられた事であって長くは続かない。わたしの親類および親しい友は皆わたしをいみきらい、わたしの者と、みなしごとを公平に分けよ。これはナイル川を打ったけれども、彼らに臨んだので、サムソンはそこにアナクの子孫ネピリム

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる