ふるさと納税で日本を元気に!

辻下啓一郎さんに送る雅歌

辻下啓一郎さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

が、杯はベニヤミンの子らと共にいた客はみな驚き、立って悪を行わず、その足は土を耕す人もなかったのでエルサレムに帰った時、すなわち特別の誓願の供え物、各種の木の実、ぶどう酒および油を与え、食糧を定め、関および戸をおおい、町々から、高き所はイスラエルから断たれることなくて、とこしえの父、いにしえから、かの大川ユフラテまで。すなわちケニびと、ケニジびと、カドモニびと、ヘテびとウリヤもまた死にました。エズラびとヘマンのマスキールの歌。これは人々が彼らに答えて言ったこの言葉を彼らに臨ませられるので、われらをあだからあがなわ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる