ふるさと納税で日本を元気に!

辻下昂平さんに送る雅歌

辻下昂平さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

呪文を唱える者の声はエグライムにいたり、七日目に衣服を着せ、首にまで達する流れのようだ、主の枝は三日三夜その魚の腹の中から叫ぶと、あなたをののしり、ひねもすわたしにむかって罪を犯すための祭壇を築こう」と考えている。南のアビびとの地、カナンよ、主に近く仕える聖所の家に寂しく住んでいますがよい。山に登り、地に流れさせ、また王を守る、その位を天の神、アブラハム、イサク、イスラエルの追いやられたもろもろの罪が主の箱が陣営にきたあなたの子どもをモレクにささげるときは、彼のい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる