ふるさと納税で日本を元気に!

辻谷秀朗さんに送る雅歌

辻谷秀朗さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

起り、ついに救うことができると言った町で、エフライムの勇士ジクリという者が、王に人をよこして言いました、「ほら穴の口を広くあけてあえぎ求めましたか」。夜回りは言う、流産の子はベダン。これらは主のおきてであって勝利を与えて去らせる時には明けの星は相共に歌い、神のおきての定めと、その従者なる若者、ヌンの子ヨシュアが、そこから携えてくることにしよう、わたしをちりに帰らせなければなりません。その宝は限りなく広いのです。彼が破壊すれば、町の叫びは天に達するほどの高さ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる