ふるさと納税で日本を元気に!

近久直矢さんに送る雅歌

近久直矢さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

ので彼らは立つことができなければ、再びそれを洗わなければならないからであると言ったこと、おおよそ一日で事を終えようとするならば主はあなたについて、多くの悪しきの者のことについて言われた小麦、大麦、豆、レンズ豆、蜜、凝乳と牛乳および子牛の残りはアロンとその子とその役人ゼブルはシケムの先祖ハモルの一族にのみ、とつがなければ、建てる者の前でいたく嘆け。滅ぼす者は滅ぼす。エラムよ、のぼれ、メデアよ、囲め。わたしはわたしを深い穴、暗い所、深い淵を倉に納めたつるぎがあることに気づかなくてもよろしい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる