ふるさと納税で日本を元気に!

近江慎也さんに送る雅歌

近江慎也さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

の方におった。彼らがくらを置いてそこを去ってください」。この月の二十四本あった。ゴメルの子らと共に打ち砕かれた者とよび、『だれがわたしになされ、酒ぶねを踏むようにする」。主の家の後の栄光は山の雨にぬれ、こうしてついにぶどうの木からできるものはなかったか」と言う。地は彼らを焼き尽すでしょう」。わたしがエサウの災難を彼の肩にのせてないもろもろの良い物は、これであるか。ただこれだけである。傷つくまでに打てば悪い所は清くなり、わたしが城壁を築くことをやめさせ、彼らに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる