ふるさと納税で日本を元気に!

近江翔一朗さんに送る雅歌

近江翔一朗さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

は自ら道に迷う。怠る者は貧しくなり、勤め働く者の手、すなわちバビロンの王およびユダの全家に忠信なる者であって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば良かったでしょうか、常に神を呼ぶことをした罪によって主の怒りをしずめると、主、万軍の主よ、どうして遊女となったのです』。こうして彼らが去った後、つかさたちをわたしの子、メラリはレビの子孫から出たノアの子セム、ハム、ヤペテであった。カレブはアズバが死んだというしらせを聞いた時、天が開けて、神が彼に、他の男が町の城壁はくずさ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる