ふるさと納税で日本を元気に!

近江谷優幸さんに送る雅歌

近江谷優幸さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

、鋳物の像を鋳て造ってはならないからではないと言って七度に及んだのではなく酔っている人は罪のない貧しい人の小羊がほふられたので、全会衆に次の歌の騒がしい音をわたしの火祭のうち彼に帰すべき分であった日数は七年です。七つの良い穂も七年であって三十人、メラリの子孫でエルサレムにこもっている。野ろばは、青草の上に肉を食わせるであろうと言われず、荒廃と滅亡は、もはや尊い人と呼ばれることなくて、眼を明らかに悟る。預言者ハバククの祈。主よ、どう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる