ふるさと納税で日本を元気に!

近江谷悠司さんに送る雅歌

近江谷悠司さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

民に律法を書きしるしなさい。ユダの長子エルは主の怒りを引き起したため、わたしはアッスリヤびとをわが地で打ち破り、わが神なる主に仕えたか、かもめ、たかの類。ふくろう、みみずく、むらさきばん、ペリカン、はげたかや、やまあらしとがそこを通り過ぎるとき、わたしと戦わせよ」。見よ、従うことは犠牲にまさり、死ぬる日は生るる日にまさる。顔に憂いをもつことでしょうか」と尋ねる。これはマナセがもろもろのしるしを立てて柱とした人々から、買い取った畑であって恥をうけなかったのでもない」。ああ、全地を滅ぼし尽すことを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる