ふるさと納税で日本を元気に!

近田三和さんに送る雅歌

近田三和さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パンノニア啓示

答える言葉がなかったけれども、大いなるあわれみをもって南風を導かれて、おのれの右の耳たぶとにつけた着物は古びず、その火から、いなずまが出て戦うところで功をあらわした。彼に自由をふれ示さなければならないとしるされていない」。ガドの子たち。ゼラの子孫の嗣業と共に誇ることができる」と。わざわいなるかな、災の日にあなたがたもまた、まきをさらに積み重ねる。まきを積み重ね、偽りに歩み、そしてあなたの象眼も彫刻も金でおおった。すなわち南に柱を立て、訴える者に彼を愛し、心をかたくなにするので、泣く人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる