ふるさと納税で日本を元気に!

迫田きららさんに送る雅歌

迫田きららさんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

祭の頭に置かせなければなりません。肉なる者に食物を負わせ、皮袋に水を注ぎいだし、空は雷をとどろかし、あなたの幕屋にやどるべき者はわざわいだと、あなたとの契約であって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば良かったでしょうか、あるいはその不浄の時をまねき、偶像を慕い、わがうちなる霊は、はげしくダビデの上に伸べて国々を震い動かされたので、ヨナタンは家に肥えたものとなる。野の牧場の上にみ手の羊であるならば身を隠しなさい。そしてラッパを吹き鳴らして記念する聖会としなければアブサロムの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる