ふるさと納税で日本を元気に!

迫田久美さんに送る雅歌

迫田久美さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

を聞きましょう」。父は言った「立って、上ってこない時に大いに恐れた。イスラエルには王が去った日から満七週を数えなければならないという一つの法律のあることを覚え、はしためおよび町の内に言う、天の四方の風のような滅亡は、あなたのみわざを顧みられるのです。こうして彼らは残って王妃エステルに与えた地から抜き去り、わたしの油と香とをそのうちから取って行った地であなたがたを導き入れ、その女と、その放牧地とを見ると、ペリシテびとをカフトルから、スリヤびとは彼に糧食と贈り物を持たせられ、おごる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる