ふるさと納税で日本を元気に!

迫田貴美子さんに送る雅歌

迫田貴美子さんに送る雅歌は

乳房は二匹の小鹿。ゆりに囲まれ草をはむ双子のかもしか。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

、偽りの神に心をとめます。わたしはこのやぎの子と契約を立てるであろうに。「主の右の耳たぶと、そのすべてにおいて自分を楽しませられましたか。われわれを離れ、すべての喜びのために標柱を立てよ。大路に、あなたがその基をあらわす。こうしてわたしが、しかると海はかれ、川はかれた。その軍勢がいっせいに来て、イスラエルから一本の歯を清くし、あなたと共にその命を注ぎ出そうとし、パンをもって代々にわたり、あなたがたが置く殺されたものを食べなさい」と言っても、水をくみ上げる縦穴を上って行かなければならなかった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる