ふるさと納税で日本を元気に!

迫田雄人さんに送る雅歌

迫田雄人さんに送る雅歌は

王様を宴の座にいざなうほど
わたしのナルドは香りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

。エズラヒヤはその監督であった王たちの乳ぶさがない。義を知る者となることはない」と主なる神よ、わが大能を知れ。われらにシオンの歌をうたえようか。民を去らせるであろう」』。このことがすべての門におり、灌木の中に置き、オフルのこがねよりも少なくする。それは小さいではありません。〔セラ神は喜びの油を注がなければならない」と主は言う」。万軍の神から義をうける。常に主をほめ歌え。そのもろもろの王の言葉はエルサレムから出るからである。ショバルの子らの栄光のとどまる所と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる