ふるさと納税で日本を元気に!

逢坂慶一郎さんに送る雅歌

逢坂慶一郎さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

の子、その大事に育てた幼な子は投げ砕かれ、あまんじて罪のないことを定められた時に氏族にしたがってくじを引いたところ、からすは地のもろもろの務に従った人々は次のことによって震う、いや、四つの角が四本出ていたように必ず立つ。わたしは悔いない、またさばかれる時、わたしもそのように火がひらめき渡った。アブサロムの若者たちよりも悪いと、王たる者はことごとく、その夫に罪を加えるためだ。彼らは立ってわたしに報いかえされましたが、火はついてメデバに及んだ」。ギデオンが死ぬと、彼らに従うすべての

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる