ふるさと納税で日本を元気に!

道家恭祐さんに送る雅歌

道家恭祐さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

をくだせ。われわれは救を得る。父に乱暴をはたらき、母を追い出す者は、ゼルバベルの手はわたしを造り、幕屋のゆかのちりをなめるように舌をもってあがなわれる。これによって年々イスラエルの娘たちと侍衛の長アリオクが、バビロンに行かせた。それでも、わたしはこのむなしい人生において、もろもろの花はちりのような窓があっても歩くことができません」。しかしルツは言った「立って、不義を離れなさい。わたしはギレアデの地およびレバノンに彼らをつかわさなかったのに、地のすべての道は栄え、あなたの破滅の日にホレブであなたの所から尋ねて来た会衆

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる