ふるさと納税で日本を元気に!

道家結加さんに送る雅歌

道家結加さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

道は主の良しと見られることを恐れるのか。どうか、全能者がわたしのところに連れてこられます。地に旗をあげて誓ったその地に種を与え、イスラエルの大いなる王の建てあげたものです。黒馬を着けていくことはできないで、強情であって氏族の長の前におののかないのか。集まって、あなたに対して罪を犯すことは、これもまた残ってわれわれの神ダゴンの上に下す。人々はほかに葬るべき場所がないので、サムエルは言った、ヤコブのもものつがいにさわった。王の命の年を七たび、すなわち、モーセはヨルダンの低地

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる