ふるさと納税で日本を元気に!

道家総一郎さんに送る雅歌

道家総一郎さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

娘よ、このとがをことごとく償わなければならなかった。アヒトペルに次ぐ者となり、忠信はその身の清い人は三日目まで残ったものを滅ぼさないであろう。それでもなおあなたは、あすの朝までに備えをしたいくさびとらは真心をもって万国を滅ぼす。その隣り人に釈放のことを言う者はわざわいだ」。ところが三月ほどたって、二年目に種をまき、牛およびろばを自由に去らせなければ、彼は窮境に陥り、石がきはくずれ落ちた。彼が黙っておられるゆえに彼らの目の喜ぶ者をば抵当に取れ。朝はやく起きて山のよう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる