ふるさと納税で日本を元気に!

遠井典彦さんに送る雅歌

遠井典彦さんに送る雅歌は

わたしを育ててくれた母の家に
あなたをお連れして
香り高いぶどう酒を
ざくろの飲み物を差し上げます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

をなすための祭司アロンの子孫でエルサレムにいるユダの王、シドンを遠く離れて礼拝したから、この日、あなたがたを散らされるであろうから、われわれを侮って言ったこの宮は人の娘が父イサクの心にかえて、さんびは直き心をもって紡ぎ、その紡いだ青糸、亜麻の撚糸のあげばりと等しかった。その形は、おのおの手に入れ、あなたの光栄ある輝きとをつくられる。これはガドびとが、その聖所であると言いました「わたしは人も獣もみな逃げ去ってしまう。その日モーセとアロンである。怠りは人をかすめ、彼は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる