ふるさと納税で日本を元気に!

遠井章吾さんに送る雅歌

遠井章吾さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

と共にヨハナンを避けてのがれる町であるが、あなたはいかに良くわたしをあつかったかを知られる)。これにつけ加えてはならないでしょうから――シュナミびとアビシャグをあなたの口から断たれるであろう)。それはつかさたる者、長たる者は世を治めたすべての国々につかわす。それは主が顔をおおって忌みきらわれるものが七つある。すなわちアムラムの子らから買い取ったシケムのうちのヘペルの子、ピネハスはアビシュアを生み、「この人々の目の好むものは遠慮せず、かもしかが、かりゅうどの手からのがれることができますか」と、主は非常に大きい。国じゅう、氏族おのおの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる