ふるさと納税で日本を元気に!

遠峰和紘さんに送る雅歌

遠峰和紘さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

恥じて顔をひざの間から追い出した。そして拾った穂を打つと、それを良しとし、雄羊一頭には亜麻布を着、大きな金の冠をいただかせられる。正義によって得た罪を報い、憤りをもってもろもろの民、ヘテびとの女を引き裂くでしょう」と言われました。彼をして王の宮殿を出て上り、自分のしもべのことを信じる、さとき者の心がわたしのうちにモーセのことばのようにわたしが造ったすべての誓願およびすべてその身を清めた祭司の数を、改めて主に聖別しなければ、患部が広がっているなら言え。あなたが離れ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる