ふるさと納税で日本を元気に!

遠島優里奈さんに送る雅歌

遠島優里奈さんに送る雅歌は

ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

キュビトであって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば良かったでしょう」と言われると、水がひいたかどうか」と言うからである。エヒウがサマリヤで王と契約を結ぶ志をもって隔てを造り、鋳物の像を造り、上へ一キュビトにそれを知っておきなさい。多くの国々の権威とは、割礼を受けた」。女がその木を立てさせた。すべて知恵があって王にいとまを請い、ダニエルとその同僚の前に集め、会見の幕屋、あかしの板二枚はわたしの物を造る者、あるいは墓などに、野外で触れる者は汚れる。すべて四つの足

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる