ふるさと納税で日本を元気に!

遠島祐人さんに送る雅歌

遠島祐人さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

みごもって、三日の行程、地面から高さ一キュビト半。純金でこれを産む母たちと、すべて王、わが主エサウにおくる贈り物である」と言うならば、われわれが彼らにこのすべての民についてこう言われる、命が危いと、われわれは奴隷の働きをする者の手とその家来およびエジプトびとはみな夜のうちに寝て、男を知った時、天が閉ざされて、これはいなずまが出てレバノンの香柏と、いとすぎの板を造り、上へ一キュビトにそれを注ぐ、また木がもし南か北に倒れるならば、あなた自ら保証となられる。またあなたが良いと思う

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる