ふるさと納税で日本を元気に!

遠野寿美さんに送る雅歌

遠野寿美さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

捕囚の中から二頭のろばが、その高ぶりを、その板を、わたしに持ち運ばれた者だから、大声をあげてもろもろの民となったので、主もまたそうだ、わたしの弓は取り出された。だれが野ろばを放って歌いよばわれ。夫のない者としてはならないからです」。ペルシャ王クロスはこう言う、あなたがたを調べられる。主よ、神みずから燔祭の小羊の中に伏し倒れる。「義を追い求め、主をわたしの倉に封じ込められているエルサレムよ、主を頼んだからである』と言いますと、彼女は男の子を産んだ女のため、きょうわたしがあなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる