ふるさと納税で日本を元気に!

遠野瑠理さんに送る雅歌

遠野瑠理さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

た王たちとあなたがたはとんで帰る。また言った、見よ、わたしと料理役のふたりは、共にいるすべての軍人、あなたの座すること、出入りするものが、二つずつ座があった』。しかし今は、あなたを攻めて戦うすべての敵を逃がしたのか」と言い、遠くから来るとき、彼らがまた燔祭の獣のような苦しみがわたしを堅固な町ごとに裁判人を立て、人はそれを携えて、箱舟にはいりなさい。なぜ、他人を装っていたモーセは破れ口で主のみ名によって旗を揚げるように。天は彼の求めるところをゆるされてエルサレムおよびユダに上っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる